今、国が副業を求めている。その重大な理由とは?

こんにちは。ゆうじです。

「おまえは副業、何かやってる?」

友人とそんな会話をする人は、まだまだ少ないですよね。

私たちの親世代は本業1本の時代でした。

その恩恵を受けて、私たちの世代は無事に学校を卒業し社会で仕事をしています。

だから、自然と親の背中を追っていこうとします。

しかし、だれもが実感していないだけで、全然時代は変わっているんです。

厚生労働省は2017年11月に「副業・兼業の推進に関するガイドライン骨子」で「原則、副業・兼業を認める方向とすることが適当である」と述べました。

そうです、、

とうとう国が副業を推進し始めたのです。

理由は、「少子高齢化」、「労働力の不足」、「技術力の不足」など、これからの社会構造にあります。

副業をやらないことは、大変リスクが大きい時代となっていきます。

国が現状の解決策として、副業を推進するぐらいですから・・・

しかし実際には、本業の仕事をこなすだけでも大変なことです。

なんとなく将来が不安だから・・・というだけでは、副業はまず続けられません。

この記事でまず「副業」の必要性をよく理解して下さい。

それが、「副業」を続ける原動力となります。

 

1.少子高齢化の実態


出典:バカだけど、本気

こういう図、1度は見たことありますよね?

今後、若い人よりもお年寄りの割合が、どんどん大きくなっていくということです。

今はまだ、実感が無いと思います。

だから、『少子高齢化』が、私たちの生活のどういう影響を及ぼすのか、危険性を誰も理解してないんです。

でも1度、意識して街中を見てみて下さい。

お年寄りの割合が、以前よりもだいぶ増えたことを実感しませんか?

少子高齢化の影響かわかりませんが、私が住んでいるマンションはお年寄りばかりです。

元気な子供の姿、声はあまり聞こえてこないです。

あなたも、そんなところから少しづつ『少子高齢化』の波が近づいて来ているのを、実感して欲しいのです。

お年寄りを支える若者(生産年齢人口)が減り、お年寄りの割合が増えるとどうなるか。

国ができることは以下の2つです。

国の対応策
1.年金の支給開始の年齢を伸ばす(例:今の65歳から70歳へ)
2.年金の支給額を減らす

あなたが何もしなければ、悠々自適な年金ぐらしなど、もう無いんです。

となると、今の本業を定年退職してからも、今の生活水準を保つには『副業』をやることなのです。

サラリーマンを定年まで頑張ったあげく、お金が無くて外食もできない、旅行にもいけない・・・

そんな悩みならまだいいでしょう。。

定年後の普通の衣食住すら、国がどこまで保障してくれるのか。。

だから、今から『副業』をはじめる必要があるんです。

 

2.労働力の不足

今後、経済を支える生産年齢人口がどんどん減っていきます。

今、AI化や機械化が進むことによって窓口業務が無くなるとか、秘書や事務員はいらなくなるとか、言われています。

将来的にはそんな時代がくるかもしれません。

しかし、2018年現在ではまだ、AI化や機械化が進んでいない企業がほとんど。

だから、働く世代の人口が減っている今、深刻な人手不足の状態になっているのです。

この問題を解決するのに、実はフルタイムで働いてもらう正社員よりも、副業者のほうが重宝されるのです。

なぜならば、繁忙期や一定期間だけ働いて欲しい時に活躍してくれるからです。

労働力が不足しているから本業にプラスして、かけもちで副業をしてくれることを国が求めているのです。

これから働く世代がどんどん減ってくるので、この傾向が強まることは間違いありません。

 

3.技術力の不足

今、あらゆるサービス、商品がヒットしている期間がどんどん短くなっています。

あれだけヒットした、ポケモンGOも一気に過熱しましたが、2018年現在ではだいぶ落ち着きましたね。

今のビジネスのライフサイクルは短く、熱しやすく冷めやすい、そういう時代です。

サラリーマンで、たとえば係長から課長、課長から部長に昇格するのにどのぐらいかかるでしょうか。

もちろん、その人の能力にもよりますが、早くて3年、長くて10年ぐらいはかかります。

3年後、10年後、ともなれば、世の中が求めている技術も、ガラッと変わっています。

それじゃ、遅いんです。

自分の会社に依存して、コツコツ努力して昇格を目指していたのでは、時代に取り残されてしまうのです。

これが、労働者の技術力低下を招いている原因です。

だから時代についていけず、黒字だった企業が休廃業に追い込まれているのです。

じゃぁ、どうするかというと。

 

副業です。

 

副業をやって、自分で技術を身につけるしかありません。

企業が事業に失敗すればおおごとになり、最悪の場合、廃業となります。

しかし、個人が副業をするのであれば、いくらだって失敗ができます。

だから、どんどん現場に出て、実践することです。

『練習』している時間は無いんです。

現場でどんどん『実践』をして下さい。

『現場たたき上げ』で身についた能力ほど強いものはありません。

個人が自分で技術を身につけることを、国も求めているのです。

▼個人で力をつける方法については、以下の記事を見て下さい▼

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか。

副業の必要性を、ご理解いただけたかと思います。

私は10年前から副業に取り組んでいます。

残念ですが、今でも「副業」と聞いただけで、眉をひそめる人が多いです。

サラリーマンなど本業1本に集中して頑張るのが当たり前、副業など怪しい・・・今だにそういう風潮があるのは事実です。

しかし、そんなことは言ってられないのです。

だって、

国がこれからの日本に危機感を持っていて、その解決策として『副業』を掲げているのです。

ぜひ、あなたも危機感を持って、『副業』を始めて下さい。

それが、これからあなたが求められている正しい生き方なのです。

 

~最後まで読んで頂き、ありがとうございました。~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です