やりたい仕事がない学生へ。副業推奨の会社に就職するべき3つの理由

 

こんにちは。ゆうじです。

これから社会人になろうとしている、あなたに聞きたいです。

将来、何になりたいですか?

どんな職業に就きたいですか?

なぜその職業に就きたいのですか?

社会に出るのを目前にひかえた学生でも、明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

もちろん、就職面接用に答えは作っていると思います。

しかし、あくまでも、作りものになってはいませんか。

将来の事など、まだモヤモヤっとしている、あなたに1つアドバイス。

それは、

副業推奨の会社に入ることです。

なぜ、副業を推奨している会社でないとダメなのか。

そして、会社を選ぶ上で注意しなければならない重要なこととは。。

 

1.会社選びは人生選び。でも学生の段階で選択は困難

私も就職活動をしていた時、深く考えることなく会社を選びました。

あの時はまだ若かったし、やむを得なかったと思います。

今から20年以上も前。

Windows95がカウントダウンと共に発売開始され、パソコンユーザー達が一斉に買っていく派手な光景を目にしました。

出典:Watch10th

あれを見て、これからはコンピュータの時代だな。

コンピュータのエンジニア。なんか面白そうだし、カッコいいな。

そんな意識だけで、いまのIT企業に入りました。

しかし、、

入った会社で精神を壊してしまい挙句の果てには、どうやれば会社を辞められるか。。

そんなことを考えながら、今の会社に通い続けている。。

 

大人は、子供が受験をする時に、あれだけ時間をかけて勉強させます。

しかし、肝心な就職する段階になると、なぜ子供まかせにしてしまうのでしょうか。

不思議でなりません。

仕事のために費やす時間(仕事している時間+通勤時間)は、人生の約半分。

会社を選ぶことはどんな人生を選ぶか、ということ。

そう言っても過言でないくらい重要な選択なのです

しかし、学生であるあなたは、自分が本当にやりたい職種、入りたい会社など、よくわかっていません。

「わかっているつもり」である可能性が高いのです。

「入りたい会社」ではなく「入れる会社」を選んでしまい、辛い会社人生を送るはめになります。。

では、あなたはいったいどうやって会社を選べば良いのか。。

絶対に外せない重要なポイントを教えておきます。

2.副業を推奨している会社を選ぶこと

会社を選ぶときの最低条件。

副業を推奨している会社を選ぶこと。

だって、まだ本当にやりたいことがわからないのだから、

副業禁止の会社に入ってしまい、他の仕事にもチャレンジ出来る道も閉ざされてしまうのは、じつは非常に怖いことです。

これから胸膨らませて、就職しようとしている学生には、ピンとこないかもしれませんね。

無理もありません。

「副業を推奨する会社に入った方がいいよ!」

なんてアドバイスする大人は、まずいないでしょうから。

だからこそ私は、副業推奨の会社に入ることの大切さを強調しておきたいのです。

3.なぜ、副業推奨の会社に入る必要があるのか?

就職して会社に入ってから、以下のことを感じる人が沢山いるからです。

  1. 真剣に選んで入った会社だが、どうやら本当にやりたい事とは違うみたい
  2. 1つ会社で、一生は働けないんだな
  3. 自分は組織で働くこと自体、向いていないことがわかった

 

3.1 選んで入った会社が、どうやら本当にやりたいこととは違った

慎重に慎重に選んだ会社に入ってみても、こんなはずじゃなかった・・・

そうなることは往々にあります。

入社後、あなたは会社から指令を受けて、配属先が決められます。

自分がやりたい仕事ができるとは限らないのです。

残念ながら、それが会社組織というもの。

また、「これがやりたい!」と思った仕事に運良く到達できてたとしても、

ん??ちょっと違うな・・・

となる可能性だってあります。

別の部署の仕事を、お試しでやらせてもらえるような会社があればいいですが、私の知る限りではそんな会社はありません。

じゃぁ、どうするか。

自分で副業をやってみることです。

自分はどんな仕事が向いているのか・・・

悩んだ時に大人のアドバイスを聞いたり、自分探しのための「適性検査」を受けるのも良いでしょう。

でもやっぱり、実体験に勝るものはありませんから。

副業で色んな仕事を体験してみて、自分探しをすることが一番です。

何度でもやり直しがきくのが、副業の良いところです。

何でも思い立った副業をやってみることです。

3.2 1つ会社で一生働けない可能性が高い

これはもう、耳にタコでしょう。

いまは終身雇用の時代ではありません。

あなたの親の世代とは全然違って、時代の変化、価値観の変化が早すぎるのです。

超一流企業ですら、業績悪化でピンチに陥っている様子は、テレビを観ていれば嫌でもわかりますよね。

これからの時代、1つの会社だけに依存するのはリスクが高すぎます。

いざという時のために収入の柱を2本、持っておくこと。

本業とは別に副業をやる。

副業を大きくして、本業と同じぐらいの収入を稼げるようにする。

この状態が本当の「安定」というものです。

3.3 自分は組織で働くこと自体に、向いていないことがわかった。

これも実際、会社に入ってみないとわからないことです。

学生時代は、仲良しの友達と隣の席に座り、大学の講義を受けていたと思います。

社会に出たらそうはいきません。。

とんでもない、暴君な上司の隣で仕事をすることになるかもしれません。

上司とうまが合わなければ、上司は上手く理由をつけてあなたを別部署へ飛ばします。

そんなシーンは、会社で何度も見てきました。

エクセルの表1つ作れない人が、上司にゴマをすりすり。。

それだけで、30年も会社に居座っている人もいる。

そんな理不尽な組織生活に耐えられない。

そう思うほうが普通です。

だったら解決策!

しつこいようですが、副業をやること。

それも、一人で起業できる副業をやることです。

一人で起業なんて、できるのか??

と言われそうですが、、

はい、できます。

よく寂しさから、親友と組んで起業しようとする人がいますが、これはNG。

私は親友とビジネスをやろうとして、大失敗した経験があります。
(これについては別途、記事を作成中です。)

組織が嫌で起業するのであれば、なおさらです。

まずは孤独に耐えて努力すること。

そうは言っても一人で起業なんて、何から始めればいいのか。

教えます。

ビジネスの勉強をすること。

そして、

まずは副業として実践していくこと。

今は、インターネットの登場により、個人でも企業の組織力に負けないだけの総合力を持てるようになりました。

個人で起業し、会社の給料をはるかに超えていく。

可能です。

その方法は、以下の無料教材を参照ください。

起業家である私の師匠が、この教材でビジネスの基礎を学んだことで、月収230万円を達成しました。

▼無料教材の紹介記事です▼

さて、会社に入ったら起こりうる3つについて、述べてきました。

この3つは、私自身が会社に入ってから実際に体感したことです。

あなたにも起こりうることです。

解決策は3つとも共通して「副業をやること」

今、社会も大いに副業を推奨しています。

▼なぜ今、副業が推奨されているのか?▼

ではどうやって副業推奨の会社を見つけるか?

簡単です。

会社の説明会に積極的に参加し、

「御社は副業はOKですか?」

「副業をしている社員は多いですか?」

と質問しまくることです。^^

ちなみに会社説明会で、ありきたりのかっこいい質問など、する必要は全然ありませんから。

「御社の悪いところは何ですか?」

そんな質問をしていた人もいました。

質問を受けた人は苦笑いでしたが、、現実味のあるいい質問だと思います。

副業ができるかどうかは、大事な要素です。

必ず確認して、会社を選びましょう。

4.会社選びで注意しないといけない事

ここまで、会社選びでは副業推奨であることが大事な要素である、と述べてきました。

もう1点、会社選びで注意することがあります。

それは、

両親のアドバイスで決めるのは少し危険だということ。

やりたい仕事がみつかっていない学生は、色んな人に相談すると思います。

まず、一番身近な「両親」に相談する学生も多いでしょう。

多額の学費を出してもらって大学まで出してくれたのなら、親の言う通りにしなくては。。。

そんな意識をもつ学生は多いです。

両親にアドバイスを求めることは、間違いではありません。

しかし、注意をしておいて欲しいのです。

親の本能。
「あなたのことが心配で仕方がないのです。。」

だから親としては、

  • 安定している
  • 安心して働けそう
  • 知名度のある会社

そういったことを基準にアドバイスするケースが多いです。

だから、

  • 子供が心の底からやりたいこと
  • 子供が働いて生き生きできる仕事

こういう大事なことを一緒に考えることは、後回しになりがちです。

親のアドバイスで選んだ会社がイコール、あなたが、幸せな会社生活を送れる会社。

そうなる可能性は、どうしても低くなってしまいます。

今はあなたの親の時代と違って、学歴とは関係ない世界がたくさん出現しています。

親のアドバイスの有効性が低くなっているのです。

しかし、考えてください。

あなたのご両親が、あなたに本当に望む唯一のこと。

「あなたが幸せに生きること」

ですよね。

大企業に入って、その時は親を安心させられても、ストレスの積み重ねで精神が蝕まれ、体まで壊してしまう。。

子供のこんな姿を喜ぶ親などいません。

とても小さい会社に就職し、その時は親を不安にさせてしまっても、子供が生き生きとやりがいを感じながら仕事をしている。

子供がそういう人生を送ることのほうが、親は安心するものです。

だから就職の一時、親に不安を与えても、そこは気にしすぎないことです。

 

5.まとめ

 

これから就職をする学生さんには、夢のない話を色々としてしまったかもしれません。

しかし、これから就職をする「今」だからこそ、伝えておきたかったのです。

これまでの学生生活はいかがでしたか?

いじめを受けたり、教師から好かれずに理不尽な攻撃をされたり。。。

色々あったと思います。

私も経験済みです。

実は社会に出たって、残念ながら理不尽なことだらけなんです。

いじめだってあります。

えこひいきだってある。

だから、自分を守るため幸せになるためにも、逃げ道は必要。

1つの会社だけに依存しないこと。

副業もやることが必要なのです。

▼副業は幸せになるためにやるのです▼

それが、これからの幸せのスタンダード。

 

~最後まで読んで頂き、ありがとうございます。~

1 個のコメント

  • ぼくは初めての就職先で社長とウマが合わなくて心身を病みました。。。

    病気になる前に辞職して今は個人事業主としてやっていくことができてストレスはほぼありません。笑

    本業の他に副業にも取り組むためにも0からビジネスを学んでいる最中です。

    また参考にさせていただきます^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です